勝手にSTANDARD VOL.2-中村一義「犬と猫」

金字塔
100sデビューを機に、中村一義について改めて考えてみようか、と言う話であります。
まな板の上に乗っておりますのは97年のデビュー曲です。当時ミュージック・スクエアのオープニングテーマだった。オープニングにふさわしい一曲だったんだなぁ!それも含め、この曲が出たときはかなり衝撃だった、かも。♪ど〜ぉ(ドン)、ど〜おぉ〜(ドンドン)♪で始まる。サウンドやメロディーはもちろん、歌詞カードを読んでも読まなくてもよくわからん、言語感覚とか発音が英語にも似た日本語の使い方っつーか、それが強烈だった。そんな気がします。耳に残ったサウンドとメロディーが第一にあって、そして歌詞はサウンドと共にある、って言うのがだいたい私の音楽の聴き方なんですが、それでもいくつか耳に残ったフレーズはあった。その耳に残ったフレーズの中に「状況が裂いた部屋」ってのも含まれてて。あと「ブルースに殺されちゃうんだ」も耳に残るフレーズだ。一瞬の言葉が何年も何年も自分の心の中に残っておりました。でも、やっぱ最初の♪ど〜お?♪が強烈だったんだなぁ!
デビュー当時は確か宅録メインで、「江戸川の散歩が出来なくなる〜」とか言ってライブを拒否していた…そんなエピソードがあったんですよ。それが、100式を結成したあたりからかなりどころか劇的に変化を果たした。ライブハウスから大会場(RIJFとか)までオーディエンスを埋め尽くした。バンドとの一体感を知ってから100sになっていったんだろう。家の中で鳴らしてた音楽を→家の中を出て→人の前に立って→一緒に音楽を鳴らす仲間と出会い→バンド、みたいな?だからきっと、100sとしてCDを出そうと思ったのもこの流れからすれば必然だったのかもしれません。